カナダ留学中の海外保険はMSPで十分?

作成日:2023年8月22日 最終更新日:2023年8月22日

みなさん、こんにちは。Twinsカナダ留学のもなきです。

今回は、カナダ留学・Co-op(コープ)留学において避けては通れない話題、海外の健康保険についての記事です。

特にバンクーバーでは、BC州が提供する公的医療保険のMSP(Medical Service Plan)が非常にメジャーな健康医療保険ですが、MSP以外の選択肢もご紹介したいと思います。

MSPとは?

MSPとは”Medical Service Plan”の略語で、BC州の公的医療保険になります。日本で言うところの国民健康保険に似たもので、MSPに加入しMSPカードを病院やクリニックで提示すると、基本的に医療費は0割負担、つまり無料になります。

MSPの補償内容と保険料は?

補償内容

MSPに加入していれば、以下の内容が補償されます。 

  • 病院やクリニックでの診察治療費(無料)
  • 入院や手術に掛かる費用(無料)
  • 救急診療での診察治療費(無料)
  • 救急車の手配($80)
  • 産婦人科での診察や出産関連費用(無料)
  • 医療上必要な歯科治療費(無料)

ただし、薬代・虫歯や親知らずなどの歯科治療費・健康診断費用・眼科診療費等は保険対象外のため全額自己負担になります。

保険料

コープ留学でカナダに滞在する場合は学生ビザでの滞在となるため、その場合は月額$75の保険料を支払う必要があります。

MSP適用までの保険は?

MSPはカナダ渡航後に申請する必要があり、MSPの適用が開始されるのはカナダ到着日から3ヶ月後です。

つまり、カナダ到着したその日にMSP申請したとしても、その後3ヶ月間は保険が適用されません。そのため他の保険に入る必要があります。この時の選択肢としては主に以下の3つです。

①カナダの民間医療保険・留学生保険に加入

カナダにはMSP以外にも、民間の医療保険・留学生用の保険が存在します。中でも留学生に人気が高いのは、BIIS(Bridges International Insurance Service)が提供するTugoという海外保険です。

【Tugoのメリット】
・MSPより保険料が安い
 ($1.88/日 = $57~58/月)
歯科治療費もカバーされる
 (既存の虫歯に関する治療費は保険対象外)
1日単位で保険加入期間が選べる
【Tugoのデメリット】
・病院やクリニック等では一度立て替えて支払い、後からTugoに請求する必要がある

②日本の保険会社の海外保険に加入

保険料は高くなりますが、様々なトラブルや事故に対応できるよう充実した補償をご希望の方におすすめです。

【メリット】
・一般的にMSPやTugoに比べて補償される分野が幅広く、補償内容が手厚いものが多い
 (盗難や賠償のトラブルなどの補償も含む)
24時間年中無休で日本語サポートがある
【デメリット】
・現地の保険に比べると保険料が高い

③クレジットカード付帯の海外旅行保険に加入

補償内容がやや手薄になっても良いからとにかく安価に抑えたいという方はこちらがおすすめです。

【メリット】
費用が圧倒的に安い(無料のケースも)
基本的に3ヶ月間適用のものが多いのでMSP適用までの使用に適している
【デメリット】
・補償内容はあくまで最低限なので手厚いとは言えない

MSPだけで本当に十分?

ここで「カナダ留学中の保険はMSPだけでいいの?」と疑問に思う方もいると思います。

これは、その人の考え方によります。医療・健康に関する上記の補償内容で十分だと思える方はMSPのみ加入でも十分でしょう。

一方で、少し保険料は上がっても良いから医療・健康面だけでなく歯科治療費・盗難や賠償など幅広いトラブルに対応できる方が良いという方や、少しでも補償内容が手厚い保険が良いという方は、現地カナダの民間保険や日本の保険会社の留学生保険に加入する方が多いです。

そもそもMSPって絶対に加入しなきゃいけないの?

BC州の公式ウェブサイトでは、「6ヶ月以上の滞在期間がある学生ビザ保持者はMSP加入が義務付けられている」と記載されています。しかし、実際には加入してないことによる明確な罰則はなく、またMSPに加入しているかどうかをチェックするシステムもありません。

MSPは現地カナダ人も多く加入している信頼度の高い保険のため加入しておくと安心ですが、MSPより補償内容が魅力的な保険があれば、そちらの保険に加入するのも選択肢としてはアリかもしれません。

現役留学生の保険加入状況とは?

当社が運営する留学生コミュニティのメンバーに、留学中の保険加入状況について聞いてみました。結果、主に以下の3つのパターンに分類されました。

  1. 最初の3ヶ月→クレジットカード付帯型海外旅行保険、4ヶ月目以降→MSPのみ
  2. 最初の3ヶ月→日本の保険会社の海外保険、4ヶ月目以降→MSPのみ
  3. カナダ到着日からBIISが提供するTugoの保険のみ

ちなみに補足ですが、Tugoは最長で1年間の契約となるため、カナダ滞在期間が1年間以上となる方は、1年経過したタイミングでTugoの延長、またはMSPやその他保険に切り替える必要も出てきます。

最後に

いかがだったでしょうか?

カナダ留学中の保険選びは重要な作業の1つです。ご自身の考え方や優先事項に基づいて、納得のいく海外保険を選択し、留学中の思わぬ事故やトラブルに十分に備えましょう。

尚、当社では、コープ留学した人が集うオンラインコミュニティ(Co-opers:クーパーズ)を運営しております。今回のようなトピックをはじめ、留学前の素朴な疑問や不安などを気軽に相談したり、情報交換できる相互扶助のコミュニティです。Twinsカナダ留学を通じてCo-op留学を決められた方は、全員加入が可能です。ぜひフル活用してください。コープ留学を通じて、本気でキャリアチェンジやキャリアアップを目指したい方からのご相談をお待ちしております!

ID:@602jfgjr

Co-op留学で
キャリアチェンジを叶えたい方
お気軽にご相談ください

留学のご相談