カナダ留学 現地保険の探し方

作成日:2024年5月30日 最終更新日:2024年5月29日

こんにちは、Twinsカナダ留学のもなきです。

みなさんはカナダ留学中の保険、どうされていますか?万が一の怪我や病気に備えて、短期留学でも長期留学でも、海外保険に加入することはとても大切です。

カナダにおける保険には、公的医療保険と民間保険の2種類があります。

BC州の公的医療保険はMSPと呼ばれ、Co-op留学で渡航される方は、加入することが義務付けられています。しかしながら、MSPの保障範囲は意外と限られているため、MSPのみに加入している場合、予期せぬ出費が発生してしまうことも…!

そこで今回は、安心して留学生活を送るために必要な海外保険の種類や保障内容について解説し、MSPでカバーされていない部分をカバーできる民間保険の探し方についてご紹介していきます。

MSPの保障内容

MSPとは”Medical Service Plan”の略語で、BC州の公的医療保険になります。月額の費用は75ドルで、日本で言うところの国民健康保険に似たものです。MSPに加入しMSPカードを病院やクリニックで提示すると、基本的に医療費は0割負担、つまり無料になります。

保障範囲(例)は以下の通りです。

  • 病院やクリニックでの診察治療費(無料)
  • バースコントロールピルやミレーナなど婦人科系のサービス(無料)
  • 入院や手術に掛かる費用(無料)
  • 救急診療での診察治療費(無料)
  • 救急車の手配($80)
  • 産婦人科での診察や出産関連費用(無料)

ただし、薬代・虫歯や親知らずなどの歯科治療費・健康診断費用・眼科診療費等は保険対象外のため全額自己負担になります。

民間保険の種類

民間保険は「緊急医療保険」とも呼ばれ、名前の通り緊急時にかかる医療費に対応しています。

民間保険には以下の2種類があります。

  1. ビジター保険
  2. 留学生保険

ビジター保険とは、ワーキングホリデー、旅行、留学等でカナダを訪れる幅広い層の方が加入できる万能保険のことです。

留学生保険とは、加入に一定の条件があり、それをクリアした人のみが入れる保険のことで、ビジター保険に比べ、保障額や保障内容が厚いです。

民間保険の保障内容

保障内容の例として、Co-op留学生も加入可能で最近人気のあるMSH Internationalの留学生保険の保障内容(一部抜粋)をご紹介します。

  • 歯科、眼科治療保障
  • 本国送還費用保障
  • オンライン診療
  • デジタル処方箋の取得

カナダ在住の方ならご存知の方も多いと思うのですが、カナダの病院にかかった時の診療待ち時間ってとっても長いんです…!個人的な経験として、先日風邪をひいて薬をもらおうと病院に行ったところ、4時間待った挙句何も処方されなかった…ということがありました。

オンライン診療があれば、体調が悪い中長時間待つ必要もありません。とても魅力的な保障内容ですね!

民間保険なら、日本の保険?カナダ現地の保険?

民間保険にも加入するとして、日本の保険とカナダの現地保険、どちらを選べばいいのか迷われる方も多いと思います。下記はカナダ現地の保険代理店である、BestQuoteさんのホームページから引用した日本の保険とカナダの現地保険の比較表です。

引用元:https://bestquotetravelinsurance.ca/jp/workingholiday_insurance_2024

カナダ現地保険のメリットは価格です。日本の保険の相場は20万円〜である一方で、カナダの現地保険は大体5〜10万円となっており、日本の保険に比べて安いため、大幅に節約することが可能です。

日本の保険のメリットはキャッシュレス決済です。つまり、医療費が生じたときにカナダの保険は自分でお金を立て替える必要があるのに対し、日本の保険は自分で建て替えなくていいということです。

ただし、費用が100万円以上など、高額すぎる場合には病院と保険会社でやり取りをしてくれます。

現地保険はどうやって探すの?

保険選びって日本語でさえ聞き慣れない言葉やわからない手続きがあって、大変ですよね。それを英語で…というのは想像もできないくらい時間や労力がかかると思います。

しかし!カナダ現地の保険代理店であるBestQuoteなら、カナダ現地の16社以上の保険プランの見積もり、内容比較、申し込みが全て日本語で可能です。

海外保険に関する詳しい質問はBestQuoteさんのLINEまたはメールにて受け付けているそうなので、ぜひ一度相談してみてください。

「BestQuote」 公式HP:https://bestquotetravelinsurance.ca/jp/ホーム?affiliateID=10420

さいごに

いかがでしたか?

上記の通り、MSPに加入していれば全ての医療費を完璧にカバーできるというわけではなく、万が一の事態に備えて、民間保険と組み合わせることが、安心して留学生活を送る上でとても大切です。

また、ひと口に「民間保険」と言ってもさまざまな種類や保障内容があるので、今回ご紹介したBestQuoteさんなど、一度プロに相談してみることをオススメします。

また、留学中の海外保険についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事やツインズカナダ留学Youtubeもぜひ参考にしてみてください。

さらに当社では、コープ留学した人が集う現地コミュニティ(Co-opers:クーパーズ)を運営しております。カナダでの生活に関する疑問や不安を気軽に相談したり情報交換ができる相互扶助のコミュニティです。

Twinsカナダ留学を通じてCo-op留学を決められた方は、全員加入が可能です。ぜひフル活用してください。

コープ留学を通じて、本気でキャリアチェンジやキャリアアップを目指したい方からのご相談、お待ちしております!

※上記の情報は2024年5月末時点での情報です。最新の情報はBC州または各保険会社のホームページ等でご確認ください。

ID:@602jfgjr

Co-op留学で
キャリアチェンジを叶えたい方
お気軽にご相談ください

留学のご相談